カードローンを申込むなら総量規制の知識は必須

総量規制による措置と対象外って?

総量規制は、消費者金融のような貸金業者が、収入をあまり持っていない人のために貸し出しを制限するように定めている法律です。適応されている会社については借りられる金額が制限されることになり、年収の3分の1以上の金額は貸してはいけない事になっています。

 

これに違反することは、貸金業者としての責務を捨てていることにつながりますので、その業者は金融庁から認められないなどの措置が取られます。しかし除外されている案件と、例外となる状態が存在しています。

 

 

銀行が貸していることは貸金業者ではないので除外扱いとなります。


また例外については、貸金業者が貸す場合でも、この場合なら例外的に大金を貸してもいいとされている場面があります。

 

これらの場合については、3分の1以上の貸し出しが認められており、例外とされている案件以外では、消費者金融は年収を大幅に上回るような数字を貸すことが出来ません。専業主婦の方は、総量規制という法律に強く関わっているので知っておくべきです。

専業主婦は消費者金融が利用できない?

基本的に、専業主婦の方は無収入という状態になっていますから、総量規制の対象に入ります。0円の方に対して、3分の1という数字を考えても0円になりますから、専業主婦の方が総量規制のある消費者金融を利用することはできません。例外で上げられている中には、

 

 

おまとめローンのような方法が用意されています。


おまとめローンは、そもそも利用する人の方が圧倒的に有利となっていて、1つに纏めることで返済を楽にする方法です。これが例外となっていることにより、消費者金融からおまとめ目的であれば、年収の枠を超えて借りることが出来ます。

 

貸金業法に基づいたおまとめローンと書かれているのは、例外が認められていることによって総量規制を受けずに貸せますという状態を作り上げているのです。このように総量規制については年収による規制をされている会社があるものの例外も多く存在しているのです。

あなたにピッタリな即日融資を検索する

無利息サービスもあり即日融資に最適!
どうしても低金利で即日融資を受けたい!
専業主婦ならこちらで即日融資!
返済金額が小額だが即日融資を受けたい!