金利のグレーゾーンはなぜ生まれたのかを解説

借りる側に大きな影響を与えていたグレーゾーン金利

金利というものは時代や各お店で変化するものですが、実は最近まで日本ではグレーゾーン金利というものが制定されていた時期があり、これが実は借りる側にとって一方的に不利だったために、国の法律で改定されたという経緯があります。

 

まずは、その金利のグレーゾーンというのがどういった状況だったのかを説明していきたいと思いますが、平成22年6月17日以前においてキャッシングやローンで支払われていた利息率をさして、主に20%から29.2%までの利率を差します。

 

この間の数値が何を示しているのかというと、20%というのは利息制限法が定め金利の割合が15%から20%ということであり、この上限が20%という内容なのです。しかしキャッシングやローンについてその時代には

 

 

出資法制限での利息上限である29.2%でもキャッシングやローンを扱っている状況があり、それは法律上では罰せられないという状況となっていました。


しかしこの状況では借りる側にとっては不便でもあり、また分かりずらいという影響もあって、そのために平成22年の6月18日には改正貸金業法および改正出資法が制定され、同時に貸金業者がお金を貸す時の金利が一元化されたのです。

 

そしてその内容ですが限度額が10万円未満ならば上限金利が20%、10万円から100万円ならば上限金利が18%、そして100万円以上の借入の場合には上限金利が15%までと定められることになりました。

過払い金請求の動き

さてこのように金利が一元化されたことから、この上限を超えていたとされるグレーゾーン金利に関しても、それは不公平ではないのかという意見が見られるようになりました。

 

そして最近よく耳にするようになったのが、このグレーゾーン金利で払い過ぎていた金利分を取り戻す手続きである過払い金請求というものになります。こちらは弁護士事務所や司法書士事務所などが行っているものであり、

 

 

条件を満たせばその差額の金額は返金されるという手続きです。


こちらはキャッシング会社やローン会社が自発的に行わないことなので、自分でグレーゾーン金利に該当する心当たりがあるのならば、積極的に行わないと返還されません。

あなたにピッタリな即日融資を検索する

無利息サービスもあり即日融資に最適!
どうしても低金利で即日融資を受けたい!
専業主婦ならこちらで即日融資!
返済金額が小額だが即日融資を受けたい!