レイクで即日融資が希望ならまずココを読もう!

即日融資を受けるには色々な事に気をつけながらすばやく申込む必要があります。その中でもなるべく金利が低い所に申込みたいですよね?

 

 

なので銀行カードローンでもレイクは高目の金利設定になっていますので、他のカードローンを探したいところです。


 

しかし金利ばかりに気をとられてしまうと即日融資を受ける上での肝心な『今日借りる』ということが不可能になってしまう事態に陥ってしまいますので注意が必要です。即日融資を希望する場合に、

 

 

今すぐ大金が必要だ!


と言う方はほとんどいません。10万円〜50万円程の小額借り入れの方がほとんどです。この小額の借り入れに長期返済を考えている方もごく僅かです。ですので、

小額借り入れの早期返済が殆どの即日融資では無利息サービスが絶大な効果を発揮する

のです。しかも無利息サービスを展開する業者の中で最も金利の低いプロミスが効果的であり、且つ即日融資の可能性の高いカードローンになっています。

あなたにピッタリな即日融資を検索する

無利息サービスもあり即日融資に最適!
どうしても低金利で即日融資を受けたい!
専業主婦ならこちらで即日融資!
返済金額が小額だが即日融資を受けたい!

即日融資に最適!無利息サービスもあるプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

会社にも家族にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も付いているのでレイクと遜色なく無利息サービスが受けれる上にポイントサービスで更に無利息回数が増える仕組みになっているプロミスはレイクよりも最大金利が低くなっているのも魅力。
更に誰もが気になる会社への電話(在籍確認)も相談すれば電話以外の方法を提案してくれるのもありがたいという方も多数いるので選ばれる理由の一つになっています。女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングも用意されており、パート・アルバイトでも安定収入があれば申込めるので主婦の方にも選ばれているのがプロミスです。
もちろん即日融資も東京都内ナンバーワンの自動契約機数と平日14:00までのWEB契約完了で手持ちの口座に振込可能な即日振込でバックアップしてくれる。瞬フリサービスをご利用した場合※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録すれば、24時間最短10秒で振込み可能。
※即日融資は申込の時間・曜日により当日融資不可能な場合があります。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
在籍確認の電話 別の方法に相談可能
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦ならこちらで即日融資

収入のない専業主婦はそもそも自身の与信でカードローンを申込む事ができません。しかし専業主婦は配偶者に安定収入がありますよね?

 

 

その配偶者の与信で専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンには申込む事ができるのです!


しかし、一般の銀行カードローンに申込むと

  • ただでさえ審査の厳しい銀行カードローンでは専業主婦は不利
  • 配偶者の与信を審査されるので配偶者に申し込みがバレてしまう

ということになり兼ねません。ですから専業主婦の方は、

 

 

以下の専業主婦を対象とした小額借り入れ枠のある専業主婦カードローン


に申込みましょう。しかし即日融資を希望の場合は大手消費者金融に比べて条件が限られてくるので、しっかり解説を読んで自身に合った専業主婦カードローンを選んでください。

即日融資を希望するならしっかり選ぼう専業主婦カードローン

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

新生銀行に口座を持っていなくてもレイクで即日融資を受けられます

レイクは新生銀行のカードローンですが、他の銀行系のカードローンに比べると様々な特徴やメリットが異なります。そのひとつが、「新生銀行に口座を持っていなくても利用可能」という点です。銀行の展開するカードローンにありがちなのが、その銀行に口座を持っていなければ利用できないというものです。

 

これは、銀行のカードローンというものがその銀行の顧客を増やすことをひとつの目的としていることを考えると、ある意味自然なことではあるのですが、レイクでは敢えてこうしたシステムを廃し、新生銀行の口座を持っていないという人に対しても広く門戸を開けています。

 

その理由については、たとえばレイクがもとは銀行のカードローンではなく消費者金融業者からスタートしているという点も考えられるかもしれませんが、

 

 

利用する側からすれば銀行口座が新生銀行に限定されていないというのは歓迎すべき状況です。


新生銀行を給与振込みや公共料金の支払といったメインバンクとして使用しているのであればともかく、レイクの利用のためだけに新生銀行に口座を作るというのはやはり面倒だからです。

 

また、新生銀行に口座を開設するとなるとその銀行の支店まで足を運ぶことになり、特にカードローンの即日融資をレイクで希望しているということであればそれなりに時間がかかってしまいます。こうした事情を考えると、

 

 

新生銀行に口座を作らなくてもレイクを利用してお金を借りることができるというのはありがたい話ではないでしょうか?


もちろんレイクから指定銀行口座への振込については手数料無料で対応可能ですので、レイクの即日融資を受ける場合でも借りたお金が手数料分差し引かれて少なくなってしまう、ということもありません。

 

なお、レイクの利用については新生銀行に口座を作らなくても利用可能ですが、ネットバンキングのサービスに対応した銀行の方が何かと便利です。ネットバンキングが利用できればオンラインで返済や借入といったレイクとの取引が可能となりますので、より利便性の高い利用法が可能といえるでしょう。

どうしても低金利で即日融資を狙いたいのなら

低金利なカードローンになるとどうしても即日融資の条件は厳しくなってきます。しかし、

 

 

  • 長期返済を考えている
  • 高額借入を考えている

という方は即日融資が厳しくなってもあえて低金利なカードローンを選んでおく方が後々楽になってきます。低金利なカードローンなら以下の二枚です。

 

中でも三井住友銀行カードローンは即日振込みこそ三井住友銀行のネットバンキングを持っていないと不可能ですが、銀行支店を含めた自動契約機(ACM)の数がナンバーワン(※プロミスはこの三井住友銀行ACMも利用できるので実質ナンバーワン)なので即日カード発行で即日融資の可能性の高い低金利カードローンになっています。

即日融資は住信SBIネット銀行の口座であれば可能!プレミアムコースで審査がおりれば超低金利

MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

返済金額が小額だが即日融資を受けたい!

 

即日融資を受けても毎月返済出来るお金も限られているんだけど・・・


即日融資を受けることが出来ても、返済できるお金が小額しかなければすぐに債務不履行を起こしてしまい、遅延金20%の金利がのしかったものを支払わなくてはならなくなります。

 

 

こういった月々の返済額を少なく済ませるには最低返済額の低い即日融資案件に申し込まなければいけません。


最低返済額

金融業者 残高5万円 残高10万円 残高30万円
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
SMBCモビット 4,000円 4,000円 11,000円

レイクの即日融資の詳細

レイクは即日融資の方法は2つ

レイクは即日融資の方法を2つ用意しているので、どちらを利用するのかは考えておかなければなりません。両方にメリットとデメリットが存在しますし、時間によっては利用できないものも当然あります。どの方法を利用して融資を受けるのかをしっかり考え、最終的に1つの方法に絞ってください。

レイクの即日振込

利用出来る方法の1つは、早い時間帯にレイクへの申込みを済ませて通常通りの審査を受けます。次に即日振込することを伝えておいて審査完了後に早々に振込融資を受けるというものです。希望する金額をしっかり伝えておかないと、融資を受けられないので気を付けてください。

 

この方法が一番簡単であり、平日14時45分までに振込手続きが完了すれば対応して貰えるので使いやすいです。

 

 

レイクに申込んだのはいいのですが会員サイトにログインできません。カード番号が分からないのですがどうすればいいですか?


他のカードローンの場合もそうですがレイクの即日融資の際の振込みは、会員サイトにログインしなければいけませんので申込時にその意向を伝えておかなければいけません。伝えておけば在籍確認が終了した後に会員サイトにログインする為のカード番号を伝えてくれます。もし言いそびれたのであれば、レイクに電話して聞けば大丈夫です。本人確認が取れれば電話で教えてくれますよ。

レイクの自動契約機で即日融資

もう1つは自動契約機を利用する方法で、ネットでの申込みが完了し在籍確認まで審査が終わった段階でカード発行の手続きを行います。在籍確認を行ったことは自分に伝えられないので、電話連絡後暫く経ってから自動契約機を利用することになります。

 

後はカードを発行して、近くにあるATMを利用してお金を借りるだけです。この方法は夜遅くでも対応できるというメリットを持っていますが、自動契約機の手続きが面倒なので結構大変です。

 

振込は金融機関のタイムリミットとして15時以降に利用できないので、利用する場合は相当早く行動してスムーズに審査を終わらせなければなりません。どちらにしろネットから申し込みをして、早々に審査を完了させることが重要で審査が終わらないと利用できません。

レイクの無利息サービス

新生銀行のカードローンとなるレイクの即日融資とは、申込みたい方の都合に合わせて利用出来る2つの無利息商品があります。

 

どちらも契約日の翌日からカウント開始ですので契約から借入まで日が経過してしまうと無利息期間はどんどん減っていきます。

180日間借入額の5万円まで利息ゼロ円

まずひとつは、1万円〜200万円のカードローン商品を初めて利用される方限定で「5万円まで180日間無利息で利用できる無利息サービスです。レイクは借入額最高500万円ですが、借入が200万円までしかこれは適用されません。

 

まずはじめから100万円以上の借入枠がおりることはありませんけどね。それだけ高額を借りる予定であればまず無利息期間にこだわるよりも低金利にこだわってカードローンを選んだ方がいいです。

 

>>低金利にこだわってカードローンを選ぶ

30日間借入額全額利息ゼロ円

更にもうひとつが、初めての借入で尚且つ借入額全額分が「30日間無利息」となります。こちらは全額無利息で適用借入額も1万円〜500万円までとなっています。しかし、レイクの無利息サービスはアコムと同様に、

契約日の翌日からカウント開始されるので契約から借入までの期間が空いてしまうと無利息期間が減る

ということになってしまいます。ですから無利息期間でカードローンを選ぶ際には初回の借入から30日無利息のプロミスが一番と言う事になります。

 

>>無利息期間でカードローンを選ぶ

 

つまりレイクの即日融資商品は、自分の都合にあった無利息の即日融資商品が受けられるので、お金を借りる上でもお得にお金を借入する事が出来ます。

 

ですが、レイクでお金を借入するにあたり、どちらの「無利息商品」を利用すればいいか等、中々分からないとか決められない事も多いと思います。

 

そんな時には、レイクの公式ホームページにより融資のお申込みを検討いただけると、希望の融資に合う無利息はどちらがいいかが「早分かりのシミュレーションが設けられています」ので、そのシミュレーションを利用すると借入れ希望額と返済回数を選択すると180日無利息が得か、30日間無利息が得かがすぐに分かるようになっています。

 

レイクの即日融資をご利用の際には、まずはこのレイクの公式ホームページを利用し、シミュレーションで自分の必要な希望額を入力しどちらを選ぶべきかチェックしてみましょう。

 

レイクの即日融資は、このように即日融資を実現するカードローンというだけでなく「無利息」にてキャッシングできるので、急ぎで尚且つお得にお金を借りたい方には是非おススメのキャッシングとなります。

 

いずれにしてもレイクの即日融資商品は、金利が低くなり今まで以上に使いやすい融資商品になっていますが、何より無利息期間が設けられている融資商品となりますから、借入れに伴う負担が無くのりかえローンにも利用出来る融資商品だと思います。

 

ただしこの2つの無利息期間が設けられている即日融資商品は同時に利用する事ができませんし、初めてレイクの即日融資を利用される方のみとなりますので、その辺はお申込みの際に再度確認し、いずれかの 無利息サービスを受けてご利用ください。

 

また、契約額が200万円を超える融資を希望する場合は、30日間無利息のみの利用になりますので、お申込みの希望額や契約額が200万円を超える方は、30日間無利息サービスだけが受けられるという事になりますので、お間違えの無いように申込みの際に確りと確認してください。

レイクはその日のうちに審査・オンライン契約が完了すると近くのレイク自動契約機にて即日カード発行でき、即日融資が可能になっています。さらに、

  • 初回契約から5万円まで180日間無利息
  • 初回契約から全額30日間無利息

のいずれかのサービスを受けることができます。

 

また即日振込も平日14時までに、申込みと必要書類の確認の完了していれば可能になります。(審査結果により不可の場合もある)

レイクでは申込者の勤務先への在籍確認の電話は必須

レイクでは申込者の勤務先への在籍確認の電話は必須で逃れる事はできません。レイクだけでなくその他のカードローンでも返済の源泉である申込者の給料が現在も払われているか在籍する会社に電話して確認することは必須で避けられません

 

 

ちゃんと給料支払われてますぅ?


確認はするのですがもちろんこんな感じで聞かれるわけではありません。

どうしても在籍確認の電話を避けたいんですが・・・

カードローンでは申込者の在籍確認は外せませんが、電話せずに別の手段で確認を取ってもらう事のできるカードローンがあります。それは・・・プロミスです。

 

オンライン申込後に審査を経て仮審査を通過していれば申込内容の確認の電話が掛かってきます。(どのカードローン業者もこの手順)その際に、

 

 

会社に電話して欲しくないんですけど・・・


と伝えると電話確認とは別の方法を案内してくれます。

在籍確認の電話を別の手段で確認する相談が可能なプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

どうしてもレイクに申込みたいので在籍確認はどんな感じか教えて!

レイクからの在籍会社への電話では『レイクですが・・・』と名乗る事はないので安心してください。レイクの担当者名で電話の取次ぎをするだけなので、

 

 

○○(レイクの担当者名)と申しますが△△さん(申込者)ご在籍でしょうか?


とこういった感じで確認されますので電話口の方がこういった経験がない限り気付かれる事はありません。

 

 

しかし在籍確認の電話を避けたいのならプロミスに申込んでください


レイクも人気カードローンですが、しかしプロミスの在籍確認は会社への電話を別の手段で確認する相談が可能です。在籍確認の電話が困るという方はプロミスに申込む事で避けることができますよ。

即日審査と即日融資の違い

カードローンの審査というものは、最近では高速化の一途をたどっており、申し込んだその日のうちに審査結果を受け取ることができるというのは今となっては当然のサービスとなりつつあります。

 

 

ただし、ここで注意したいのが

  • 即日融資
  • 即日審査

という似た意味の言葉が存在することです。


実はこの「即日融資」と「即日審査」というのは、名前こそ似ていますがその意味するところは全く異なります。インターネットでの消費者金融やカードローン業者のホームページには、

 

 

最短即日融資可能

即日審査対応


などといった言葉が躍りますが、「即日」と書いてあるからといってすぐに融資が受けられるとは限りません。

申し込んだその日のうちに融資を受けることができるのが即日融資

まず、即日融資についてですが、これはその名の通り

 

 

カードローンに申し込んだその日のうちに融資を受けることができる


というものです。即日融資に対応しているのは主に消費者金融ですが、最近では銀行系カードローンでも対応可能なところが増えてきました。しかし、

 

 

  • 即日振込の時間制限
  • 即日振込の可能口座
  • 自動契約機の有無・設置台数

いずれにおいても大手消費者金融が圧倒的有利です。


なお、即日融資という場合ですがあくまでも最短で手続きができた場合(申込時間・曜日などの)という制限があることは覚えておくと良いでしょう。

あくまでも審査結果の報告のみを知らせてくれるのが即日審査

それに対して即日審査というのはあくまでも、

 

 

審査を申し込んだその日のうちに行い結果をお知らせする事ができますようことができますよ


というだけであって融資が可能かどうかについては言及されていません。つまり、審査そのものは即日対応可能ではありますが、

 

 

その後の融資の実行については翌日以降になる可能性が大である


ということです。コンピュータやインターネット技術の進歩に伴い、審査のスピードそのものは効率化が進んだこともあって極めてスピーディーにできるようになっています。

 

ただし、審査が早く完了することとその後の融資実行が早くできるかどうかということについては必ずしもイコールではありません。特に営業時間が短い銀行の場合は審査完了後の融資実行が即日対応できないといったケースがあります。

 

即日」という言葉が使われている場合にはそれが

 

 

融資
なのか
審査
なのかを改めて確認しておきましょう。


レイクの即日融資を希望したがアコムの即日融資の方が良かった

新生銀行のレイクは、消費者金融業の中でも大手と呼ばれる業者のひとつで、最近では30日間無利息など様々なサービスを展開していることでも知られています。レイクやその他の各種消費者金融と呼ばれる業者たちの特徴といえるのが、スピーディーな審査です。

 

銀行などでお金を借りる場合にはどうしても審査に時間がかかるため、申し込んでから融資可能な状態になるまでに数日〜数週間ほど時間が必要な場合がありますが、消費者金融の場合はこうした心配もなく、申し込んでから融資が受けられるまでにそれほど時間がかからないというメリットがあります。

 

レイクは銀行のカードローンですが、他の消費者金融業者と同様に、スピーディーな審査がその特徴であり、最短で40分という短時間で審査を完了することができます。

 

そのため、申し込んだその日のうちに融資を受けることができる「即日融資」も可能です。ただし、レイクで即日融資を受けるためには様々な制約があります。レイクではインターネットで利用申し込みの受付を行っていますが、

 

 

インターネットで申し込みをした場合、借り入れたお金は申し込み時に指定した口座に振り込まれるという仕組み


になっています。そのため、

 

 

銀行が営業している時間帯に審査が完了しているということが前提となります。


レイクのホームページでは、融資の利用申し込みは24時間受け付けていますが、たとえば夜中に利用を申し込んだとしても、当然ながらその時間帯には銀行は営業していませんので、即日融資は不可能となります。

 

ですのでレイクの即日融資よりもアイフル即日融資よりもアコム・プロミスの即日融資ということになるのです。

 

そうなると、当然ながら日中に利用申し込みをすることになるのですが、それでも銀行が営業している時間帯までに審査を完了するためには遅くても午前中には審査に必要なすべての書類をレイクに届けている必要があります。

 

インターネットで申し込んだ場合は、身分証明書などの必要書類の原本を送る必要はありませんが、それでも書類が足りないなどの不備があれば大幅な時間ロスにつながりますので、準備は万全の状態に整えておくことが大切です。

レイクで行われている在籍確認の方法は勤務先への電話連絡

銀行カードローン唯一の無利息サービス

レイクの特徴といえば、やはりなんといっても「選べる無利息期間」でしょう。

  • 5万円まで180日間無利息
  • 30日間無利息

は、いずれも初めてレイクと契約をする人が対象ではありますが、ここまで自由度の高い無利息期間が設定されているのはレイクをおいて他にないとまでいわれるほどです。

 

そのため、融資を受けた分に対してすぐに返済できるのであればレイクを利用することで資金繰りに便利であるといえます。もちろんすぐに返済が難しくても、レイクの場合は他の業者に比べて無利息期間が長いため利用の幅を広げることができます。

レイクのもう一つの特徴は銀行カードローンであるということ

また、無利息期間ばかりが注目されがちですがレイクのもつもうひとつのメリットは、

「銀行カードローン」であるという点

です。つまり、レイクというカードローンは消費者金融業者のように総量規制の制約を受けずに利用することができますので、年収に左右されずにお金を借りることが可能となっています。

 

>>詳しくはレイクが銀行カードローンであることのメリットはあるの?

銀行カードローンといっても誰でも高額借りれる訳ではない

とはいえ、年収に左右されずに利用可能なレイクではありますが実際に利用するためには安定した収入がある人という原則があります。そのため、レイクを利用する際の審査では勤務先への在籍確認として電話による確認が行われています。レイクでは融資を受けるにあたり、

担保や保証人といったものを用意する必要はありません

が、そのかわりに本当にその勤務先で仕事をしているかどうかを確認することを必須としているのです。こればかりは審査の必須項目となっていますので、レイクへの要望として電話をかけないでほしいと言ってもその要望が通ることはまずないと言って良いでしょう。

レイクの在籍確認が嫌ならプロミスへ

ちなみに、この在籍確認はレイクの審査の中でも最終段階で行われるものとなっています。つまり、在籍確認の電話をするということはほぼ審査に通過したようなものと言って良い状態になっている場合がほとんどです。

 

新生銀行や楽天銀行の在籍確認は確かに不安で心配なものですが、レイクもいたずらに電話をかけているわけではありませんので、安心して審査結果を待っていれば良いでしょう。

新生銀行カードローンレイクのサービス内容とメリットになる点

新生銀行カードローンレイクは以前レイクという消費者金融でしたが、新生銀行に商標や店舗などを譲渡して銀行のカードローンとなりました。そのため他の銀行のカードローンとは少しサービス内容が異なっている点があります。

 

銀行のカードローンは基本的に金利が低いと言われていて上限金利が14〜15%の間で設定されている事が多いです。しかし新生銀行カードローンレイクは上限金利が消費者金融と同じ18%に設定されています。

 

これは以前消費者金融だったという事も影響しているようで利用する時は消費者金融を利用するつもりで利用しないといけないでしょう。

 

消費者金融のアコムやプロミスは初めて利用する人を対象に30日間無利息になるサービスが提供されていますが、新生銀行カードローンレイクも初めて利用する人は無利息期間のサービスを利用する事が出来ます。

レイクの在籍確認はどうなっているのか?

レイクは銀行のカードローンですが他のカードローンと同じように在籍確認の電話が職場に掛かってきます。しかしレイクの在籍確認の電話もレイクですと名乗ることはありませんので会社の方にレイクからの電話と知られる心配はありません。

 

しかも新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息と2種類のプランが用意されているので好きな方を選択する事が出来ます。そのため返済の仕方に幅を広げる事が出来るので利用者にとっては大きなメリットになります。

 

銀行のカードローンはホームページで申し込みが出来るようになってきましたが、新生銀行カードローンレイクはホームページからWeb完結で申し込む事が出来てしまいます。申込、契約、借入まですべての手続きがインターネット上で出来るので家にいながら手続きをするという事も可能です。

 

それに店舗や自動契約機に出向く必要もなくなるので利便性が高い銀行のカードローンとも言えます。銀行のカードローンなどキャッシングを利用する時は基本的に他の人には知られたくないものです。

 

そこで店舗や自動契約機に出向くと誰かに見られてしまう可能性もあります。しかしホームページからWeb完結で申し込む事が出来てしまえばスマートフォンを操作するだけなので他の人に知られる事もありません。

 

ホームページからWeb完結で申し込む事が出来れば便利というだけではなく他の人に内緒にする事が出来るのでその点も新生銀行カードローンレイクを利用するメリットと言えるでしょう。

新生銀行カードローンレイクの審査基準はなぜ公開されないのか?

消費者金融をはじめ、新生銀行カードローンレイク等の各種カードローン商品の利用には審査を受ける必要がありますが、この際の審査基準についてはそれぞれの業者ごとに異なります。そして、それぞれの審査基準というものは公開されていないため、

 

 

カードローンの審査基準がわかれば便利なんだけどなぁ・・・


正確にはどの部分を重視しているのかということはわかりません。そもそも審査において重視する部分も業者によって異なるのが現状であり、それが融資を申し込んだ人が不安になる要因ともなっています。

カードローンの審査基準が公開されない理由

ではなぜカードローンの審査基準というものは公開されないのかといえば、ひとつは企業秘密だからという理由が考えられます。利用者側にとっては審査基準というものが公開されれば自身の経歴や利用目的に応じて最適なところを選ぶことができるようになります。

 

 

審査基準を公開すると他社への申込みに流れる可能性があると同時に審査基準自体が厳正でなくなる恐れもあります。


つまり、公開した方が利用する人が増えるのではないかと思われがちですが、実際にはその限りではないというのが業者側の考えです。例えば、カードローン業者というものは1社だけではありません。

カードローンの審査基準を公開する事は競合他社の多いカードローン業界ではタブー

多くの競合があり、それぞれの業者ごとに顧客を獲得しようと考えているのがカードローン業界の現状です。もしも1つの業者が審査基準を公開すれば、他社はその審査基準を分析し、新たな審査基準を設けてより多くの顧客を獲得する方策を打ち出す可能性もあります。

 

 

カードローン業者からすればメリットがないってことかぁ・・・


そうなると審査基準を公開することは業者側にとっては何らメリットがない、ということになります。また、カードローンの審査というものはもともと様々な角度から考える必要があるものです。例えば、パートやアルバイトでも申込可能としていても、

  • 勤続期間や年収
  • 過去の借入

などから融資が不可能と判断されるケースがあります。では、

  • 具体的に年収が幾らあれば良いのか
  • どの程度の期間働いていれば良いのか

等、審査基準というものはどうしても細かいものとなりがちです。

レイクの即日融資を希望したがアコムの即日融資の方が良かった

新生銀行のレイクは、消費者金融業の中でも大手と呼ばれる業者のひとつで、最近では30日間無利息など様々なサービスを展開していることでも知られています。レイクやその他の各種消費者金融と呼ばれる業者たちの特徴といえるのが、スピーディーな審査です。

 

銀行などでお金を借りる場合にはどうしても審査に時間がかかるため、申し込んでから融資可能な状態になるまでに数日〜数週間ほど時間が必要な場合がありますが、消費者金融の場合はこうした心配もなく、申し込んでから融資が受けられるまでにそれほど時間がかからないというメリットがあります。

 

レイクは銀行のカードローンですが、他の消費者金融業者と同様に、スピーディーな審査がその特徴であり、最短で40分という短時間で審査を完了することができます。

 

そのため、申し込んだその日のうちに融資を受けることができる「即日融資」も可能です。ただし、レイクで即日融資を受けるためには様々な制約があります。レイクではインターネットで利用申し込みの受付を行っていますが、

 

 

インターネットで申し込みをした場合、借り入れたお金は申し込み時に指定した口座に振り込まれるという仕組み


になっています。そのため、

 

 

銀行が営業している時間帯に審査が完了しているということが前提となります。


レイクのホームページでは、融資の利用申し込みは24時間受け付けていますが、たとえば夜中に利用を申し込んだとしても、当然ながらその時間帯には銀行は営業していませんので、即日融資は不可能となります。

 

ですのでレイクの即日融資よりもアイフル即日融資よりもアコム・プロミスの即日融資ということになるのです。

 

そうなると、当然ながら日中に利用申し込みをすることになるのですが、それでも銀行が営業している時間帯までに審査を完了するためには遅くても午前中には審査に必要なすべての書類をレイクに届けている必要があります。

 

インターネットで申し込んだ場合は、身分証明書などの必要書類の原本を送る必要はありませんが、それでも書類が足りないなどの不備があれば大幅な時間ロスにつながりますので、準備は万全の状態に整えておくことが大切です。

レイクの在籍確認はどうなっているのか?

レイクは銀行のカードローンですが他のカードローンと同じように在籍確認の電話が職場に掛かってきます。しかしレイクの在籍確認の電話もレイクですと名乗ることはありませんので会社の方にレイクからの電話と知られる心配はありません。

レイクが銀行カードローンであることのメリットはあるの?

レイクは銀行のカードローンです

レイクは消費者金融のように思われますが、実際には銀行カードローンとして提供されていることに気を付けなければなりません。以前までは消費者金融でしたがが、現在は新生銀行のカードローンとして提供されており、消費者金融とは全く異なるものとなっています。

 

サービスの違いはさほどないかもしれませんが、借りられる金額については消費者金融と異なり、利用限度額が高めに設定されます。(表記は変わらないが実際は総量規制の対象外なので変わる)

レイクは本当に利用限度額が高い?

銀行カードローンだからこそ出来る数字であり、消費者金融だと総量規制の対象となり、規制された数字になってしまうのです。レイクを利用するメリットは、銀行カードローンだからこそ出来る利用限度額の高さになります。

 

総量規制がかけられていると、自分の収入に対して3分の1以下の利用限度額が設定され、増額なども大変な思いをすることになります。しかしレイクのように銀行カードローンであれば、そのような規制は撤廃されて、会社側で貸してもいい金額が決められるようになります。

金利は消費者金融並みだが・・・

これが結構大きな部分であり、利用限度額の上昇に繋がるのです。レイクが銀行カードローンであるメリットは、消費者金融のように早い審査を行っているだけでなく、利用限度額を規制されることが無く利用できることです。

 

勿論収入が無いと落とされてしまうため、審査基準についてはそれなりのものがあることは覚悟しなければなりません。銀行カードローンとして提供されることで、多くの金額を借りられることはかなりのメリットです。

レイクの即日融資を利用した体験談

家族の取引状況が審査に影響しない理由

カードローンの審査では様々な部分についての確認が行われますが、その中には家族や世帯収入についての項目も含まれています。こうした審査項目があることから、

 

 

もしかすると家族の取引状況もカードローンの審査で影響するのではないか・・・


と思われるかもしれませんが、実際には家族の金融取引状況については特に影響することはありません。勿論、

 

 

家族や同居人の中に破産した人がいるような場合では・・・


少なからず審査にも影響がありますが、こうしたことでもない限りは家族の状況がカードローンの審査に影響してくるといったことは基本的にはありません。なぜ家族の状況がカードローンの審査で関係してこないのかといえば、ひとつは

 

 

カードローンの審査では保証会社を利用しているという点が挙げられます。


この保証会社というものはカードローンに申し込んできた人を保証するかどうかを判断するための実際の審査を行っているところになるのですが、保証会社の存在が担保や保証人を用意せずにカードローンが利用できるうえで欠かせないものとなっています。

家族の取引状況と保証人の有無との関係

また、保証人として家族が名前を登録されているわけではありませんので、審査で家族の状況を確認する必要もありません。もしもカードローンに申し込んできた本人が返済できないという状況になったとしても、

 

 

本人の代わりに保証人から債権を回収するなどといったことができない


ため、そもそも家族の状況を調べなくても良いのです。あくまでもカードローンの審査は申し込んできた本人に返済能力があるかどうかを確認することが基本です。本人の返済能力があるかどうかという点は、ひとつは

  • 安定した収入の有無
  • 既存の借入における返済状況

などが関係してくるものであり、家族が銀行などでどのような取引をしているかということはほとんど関係ありません。仮に家族が資産家であったとしても、それを理由としてカードローンの審査で返済能力が高いと有利な評価になることもありません。